投稿

住宅ローンの繰上返済したが、まだ完済してないこれからについて

イメージ
新築戸建取得で、35年ローンを組んでいます。 5年ほど毎月普通に返済して、住宅ローン控除もまだ5年残っています。このままいけば返済期間は 後30年ですが、思い切って一度繰上返済を行いました。 住宅ローン控除がある間は、繰上返済はしない方が金銭面では有利なのは当然です。 ところが住宅ローン控除をした場合の精神的な安心感と住宅ローン控除を気にせず繰上返済をした場合の精神的な安心感(住宅ローン残高が減る)という見方をしたとき、どちらがよいかは人それぞれだと思います。 私の場合住宅ローンは所詮借金なのだから、基本的に借金はさっさと返すのが一番よいと考え精神的な安心感を優先するべく繰上返済を行いました。 金額はローン総額の5分の1行い、8年ほど期間短縮 住宅ローン控除はローン残高が減ったので6万ほど減額 毎月の住宅ローンの支払いの金利分が3000円ほど減 金利総額で170万程の支払い減 また、返済期間が10年切ると住宅ローン控除は使えなくなるので住宅ローン控除自体は最後までもらえる範囲で繰上返済を行いました。 それで、問題はここからです。相当額の繰上返済を行ったことで、 手持ち資金が減 住宅ローンは残22年になった(5年普通に支払い済み 8年繰上実施で13年分支払い済み) 毎月の支払い額は変わらずも、金利支払い分が減(元本の減りが以前より加速) となりました。ここから先も手持ち資金があれば迷わず繰上返済を行っていくところですが、 住宅ローン残高がまだ相当あるため繰上返済を繰り返すのはメンタル的にもパワーが必要です。 どういうことかと言いますと、ずっと手持ち資金が少ない期間が続くというリスクが発生します。 住宅ローン残高を減らして安心したいのに、手持ち資金が少ない期間が長くつづくのはそれはそれで不安だということです。 それで今検討しているのが、 繰上返済を一度ストップし、その資金を資産運用に回すことです。 住宅ローンの残額が減り、金利支払い額が減ったことで 資産運用で取るべきリスクが減っている、数パーセントの運用利回りで住宅ローンの金利をカバーできる、といった感じです。 最低限の生活防衛資金は確保しつつ、余力をそのまま繰上返済に回すのではなく資産運用に回しいざとなったら資産運用を切り崩す。資産運用に回した分から繰上返済ができる状態になったら繰上返済を行う。 資産運用に失敗するリ

解約漏れはございませんか

イメージ
ヤマチャンはブログを行っていますが、ある日独自ドメインが欲しくて色 々安いところを探していました。独自ドメインが欲しい理由はアドセンス取得等に活用したいと思ったからです。 そうやって色々調べていくうちにふと思いました。 「今契約している通信関係のものの中に独自ドメインの利用が契約に含まれていたり、格安だったりしていないか?」 ヤマチャンがすぐに思いついたのは家に引いているインターネットのプロバイダ契約です。 そうやってプロバイダサイトにアクセスしましたが、ヤマチャン実は接続したのは始めて。 IDはプロバイダからもらってヤマチャン自身でで設定したメールアドレスですが、何年も使っていなかったため思い出せず。適当にそれっぽいものを入力しますが、当然パスワードも忘れていて全くログインできず。 「ID、パスワードを忘れた方へ」をクリックしたところ契約番号と氏名、電話番号を入力してください、とのこと。 契約番号、はて?ヤマチャンは契約書の山を掘り起こしてみました。すると運良く出てきました。かなり昔に契約したものでしたが、契約番号は有効で、IDは復活できアカウントは生きかえりました。 さっそくプロバイダサイトにログインして、一通り独自ドメインのサービスについて行っていないか、ヤマチャンは調べました。 残念ながら、独自ドメインのサービスは行っていませんでしたが、その代わり契約した覚えのないオプションプランをヤマチャンは発見しました。 どこのプロバイダか特定されると良くないので、サービス内容と金額はぼかしております。下記の4つです。 1、データお預かり 200円 2、迷惑メールブロック 200円 3、電話転送サービス 400円 4、電話転送のオプション 300円 これに割引と消費税の相殺で毎月1000円引き落とされていました。 実はインターネットが携帯電話のコラボ的なもので、請求は携帯電話代に一括になっている状態でした。 明細書も不要割引を適用させていたため、今回のようにコラボの中に合算されたものの中の、携帯電話とは別会社の個別契約を覗いたことで気づくことができました。 ヤマチャンは、もちろん解約しました。 まぁ、解約のやり方がわかりずらい。 色々インターネットで調べて、なんとか解約できました。 1回も使ったことのないものに毎月1000円で5年契約していたため、ヤマチャンは知らずに6

プライバシーポリシー

【当サイトでの広告の配信について】 当サイトは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しております。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示しているため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 「Cookie」(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用する場合があります。またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法につきましては、 こちら をご覧ください。 【当サイトのアクセス解析ツールについて】 当サイトは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しております。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくは こちら をクリックしてください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する場合があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。極度にわいせつな内容を含むもの。禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

防災の為の車中泊環境の整備

イメージ
車中泊の準備 地震とかで家に住めない、一時的に戻れないときなどを想定して、車で寝泊まりし生活する環境を整備します。 タイトルの防災は、災いを防ぐ、つまり不幸を防ぐということで、事前に準備をしておけば、多少は不幸の度合いが減るだろうといったところです。 ところで車中泊って最近流行ってますが、普段使いのメインカーに色々積んでおくのは不便です。 また我が家の場合、家とメインカーの駐車場が隣接しているため、家が倒壊したさいメインカーが瓦礫に押し潰され、使えない状態が想定できます。 そこでセカンドカーに防災の準備をします。 セカンドカーは15年落ちの税金も安い中古の軽自動車です。 この車はたまにしか使っていないのと、駐車場の周りに建物がないので、地震などで潰されることもありません。 駐車場はよくある賃貸の青空駐車場です。ガレージが潰れて車に載れないといったこともありません。 ボロボロで速度も全然でなくなってきましたので処分しようと思っていましたが、避難場所としての価値ができましたので残すことにしました。 今回、準備はメインカーをおいている自宅の駐車場で行っています。 まずは、シングル用のマットを敷いてみました。 奥行きの長さは、十分確保できました。一人で寝るには十分ですが、三人となると、端っこを何かでカバーしたいです。 ちなみにセミダブルのマットならいい感じのような気がします。 新たにマットを買うのもなんかもったいないので、今回はキャンプ用のマットとシーツを上から敷きました。端がまだ違和感ありですが、子供がまだ小さいので、問題なく三人で寝ることができました。 あとは、寝袋を三人前積んでおきました。 子供が大きくなったら、ベニヤ板で一人分だけ二段ベットを組んで対応しようと思います。高さも十分あるので大丈夫です。 車内食の準備 寝床も確保できましたので、食事ができる環境を整備します。 マットをクッションにしてテーブルを配置しました。 クーラーボックスを積み込み、テーブル下には食器類を置きました。 実際に三人でミートソースパスタを頂きました。 車高が高いので頭を打つこともなくおいしくいただきました。 生活する最低の環境は作れそうです。 ちなみに今回揃えたものは